架空請求メールがきた その2

久し振りにケータイに迷惑メールがきた…がぁ~ん

宝石白送り主アドレス

jmc.25@docomo.ne.jp

宝石白本文

㈱総合メディアセンター
管理番号:B012225

【御通知】

御忙しい所失礼致します。

御客様のメール受信設定による御連絡の不着防止の為、弊社規定携帯端末からEメールによる通達を予め御了承下さい。

弊社は調査機関 ㈱総合メディアセンターと申します。
インターネットサイト『Global.town(管理会社㈱ワールドリンク)』の利用状況に関して、サイト登録のまま放置状態とされています。

先方企業は、再三に亘る電子文書による通知状況を踏まえ、請求金額の徴収を困難とし、簡易裁判所に於ける法的解決を求められる段階で、弊社に身辺調査の依頼申請を提出されています。

身辺調査依頼の受託前に状況の再確認に御協力頂きたく御連絡させて頂きましたが、以下の点に関して再度御確認下さい。

・誤操作による登録の可能性は無いか?
・先方企業の通達を受信(確認)出来ていたか?

民事訴訟規則において、訴状提出を控えた現状に於いても、先方企業の御理解の上で、簡潔な解決の手段は御座いますが、状況によって事案の対処、解決の方法は大きく異なって参ります。

御自身の状況の確認や、御相談の際は、冒頭の管理番号を把握して頂いた上、弊社まで御連絡下さい。

尚、本案件は翌営業日正午までの受付となります。予め御了承下さい。
㈱総合メディアセンター
受付回線番号:03-3560-4320
受付時間
平日 10:00~19:00
土 10:00~17:00
日・祝 定休日

↑ ここまで

句読点が少なくて読む気がしない…。くだらん。

150428

指定範囲のみ印刷

演奏依頼書のExcelとPDFを作るのが、ちょっと手間だったので、サイトに記載したものを、そのままプリントアウトして、使ってもらえるようにしてみました。

要らない部分は印刷されないよう範囲指定して、そこだけ印刷します。

jQueryプラグインを使えば、印刷画面を作らなくても、そのままプリントできて便利♪


◆『jQuery.jPrintArea.js』をアップ

テストしてみたところ、ダイアログのコメントはいらないように思ったので、出ない方のコードに。

◆『header.php』のヘッダにJSリンクと記述を追加

<?php wp_head(); ?> の後(jQueryの記述後)に、以下のように記述。

<script src=”<?php echo get_stylesheet_directory_uri() ?>/js/jQuery.jPrintArea.js”></script>
<script text=”javascript/text”>
jQuery(document).ready(function($){
$(‘#btn_print’).click(function(){
$.jPrintArea(“#printarea”);
});
});
</script>

◆固定ページの印刷したい範囲をidで囲う

依頼書tableの前後に、以下のように記載。
ボタンは、テキストをボタンにして、CSSで装飾。

<div id=”printarea”>
~印刷したいテーブルの内容~
</div>
<p class=”btn-right”><a href=”#” id=”btn_print”>演奏依頼書を印刷する</a></p>

◆スタイルシート調整

印刷プレビューは、レイアウト崩れなどの問題は特になかったので、ボタン部分の調整のみを追加。


◆参考サイト

スマホサイト

久し振りにスマホサイトをいじる気になった…。
忘れてることばっかりだったので、とりあえずメモ。

サイドメニューがいっぱいあるから、下の方が見えなくなっちゃった。
なんかいいメニューデザインないかしらん。
とりあえず、必要なメニューだけにして制作。

テンプレート、だんだんできてきた~♪


◆参考サイト

 

 

Google MapのAPI

 

練習場のマップ上に、ピンを表示させたかったので、ちょっといじることにしました。
カスタマイズができるようなので、今後は道順表示をさせるのにいいかも♪

 


◆公開 API キーを取得

◆埋め込みコードを生成

ページに埋め込めるコードを生成してくれるページがあるので、施設名や住所を入力して、Done!

 


◆参考サイト

新しい Google Maps Embed API が公開、埋め込み地図のカスタマイズが簡単に

くるくるを表示させよう

Googleカレンダーの、予定一覧が表示されないときがあるので、ロード中のくるくるを表示させることにしました。
(ローディングエフェクトって言うんですね)

くるくる画像は、こちらのジェネレータがかわいかったので使ってみました。

 


◆jQueryに実装

カレンダーのjsファイルに記述を追加

 

◆HTMLとCSSの実装

スケジュールHTMLの『view』の上に『loading画像』を追記
CSSは、センター表示とマージンを入れただけ

 

実装はできたけど、Googleカレンダーが表示されてないのに、くるくるちゃん消えちゃった。
Googleはちょっと違うのかしらね…(・´ω`・)

 


◆参考サイト

サイトのバックアップ

korokoropanda

自動でバックアップがとれるプラグインもあるようだけど、重くなってしまうので、なるべくプラグインを増やすのは避けたい。

趣味のサイトだし、投稿やコメントが頻繁に更新されているわけでもない、ということで地道にファイルを保存することにしました。

 


◆FTPソフトでバックアップ

『plugins(プラグイン)』、『themes(テーマ)』、『uploads(画像など)』をダウンロード
→画像は、別設定したフォルダに入れているので、うちの場合は『images』

◆記事やコメントなどのコンテンツ内容をエクスポート

「ツール」→「エクスポート」から「すべてのコンテンツ」を選択し、XMLファイルをダウンロード。

◆基本的な設定項目をテキストエディタなどで保存

「設定」→配下のページから、内容をテキストでコピペしてバックアップ。
パーマリンク設定が大切のようです♪

 

◆Dropboxに保存

上記すべてのファイルを、オンラインストレージに保存。

アカデミーのDropboxは作っていなかったので、この機会に登録してデータ保存用としました。

会社のアドレスでも個人のアドレスでも使っているので、ログインするときに間違えちゃった…。
気をつけなくっちゃ(o・エ・)ノ

 


◆参考サイト

WordPressのPing機能

更新情報サービスが初期設定のままだったので、設定することにしました。

更新情報サービスは『Ping』のことで、新しい投稿を公開すると、WordPress がアップしたよ~(^▽^)と情報を発信してくれる機能のようです。

ちなみに『ピング』ではなく『ピン』と読むらしい…(間違ってた…)。

 


◆投稿設定にテキストで追加

「設定」→「投稿設定」の「更新情報サービス」にテキストで入力して保存するだけ。
一番上のひとつしか設定されていなかったので、追加して以下のサイトを入力。

たくさん送って損はない☆とのことなので、とりあえずいっぱい入れてみました♪
アクセス増えるかしら( ´∀`)人(´∀` )

 


◆参考サイト

WordPressでjQuery

Google Calendar Events がバージョンアップされたせいなのか、表記がおかしくなってる…。

どうやら、予定に時間や場所の省略があると、div タグが閉じられないみたい。
class も変わってしまったのか、デザインも崩れてる…(泣)

終日の予定もあるので、時間の登録があるものとないものを混在させても、きちんと表示されるようにしたい!
やむなくプラグインを外し、先日使った JavaScript で試してみることに。

WordPress に jQuery って使えるのかしら?と思って調べてみたら、すでに WordPress に含まれているみたい。

 


◆functions.php に記述を追加

WordPress に含まれている jQuery と、自作のjsファイルを読み込ませる記述を追加。

 

◆jsファイルの『$』を変換

『$』が使えないので、$() の代わりに、jQuery() を使う。
もしくは、スクリプトの全て(または一部)を無名関数でラップ☆

っと思ったら、終日の予定だけ、日付が表示されない…(泣)

開始日時で設定されているので、時間の登録がないとダメみたい…。
自分の技量では修正困難なため、別の方法を探すことに。

 

◆別の方の作成された JavaScript で試す

最初、『$』を一括で置換したら、うっかりスクリプトの中身の『$』まで書き換えてしまい、失敗…(汗)そら動かんわな…。
きちんと確認しながら書き換えたら、できた☆

cssでデザインしなおし、完成♪

 

いろいろ入れると、読み込みにはやっぱり時間がかかっちゃうみたいなので、他にいい方法かプラグインないかなぁ~。

 


◆参考サイト

WordPress で jQuery を使う時の注意点

特定のgoogleカレンダーの予定を最新10件まで表示